トップページ > 青汁一番生搾り

青汁一番生搾り

青汁一番生搾りは、大麦若葉、ケールなど9種類の野菜をブレンドしてつくられています。契約農家で栽培された有機野菜だけを使用しています。だから安心してお召し上がりいただけます。製品化の際も、熱処理はせず、低温スプレードライ製法を採用しています。青汁の栄養素は、熱に弱いため、あえて熱処理せずにつくられているのです。この製法により、野菜のえぐみも取り除かれています。生搾りでつくられるため、ビタミンやミネラルなど、私たちの健康を維持する上で欠かせない栄養素がしっかり残されています。お召し上がりの際は、お水に粉末を加えて、よくかき混ぜてください。市販のシェイカーを使うと、混ざりやすくなります。お水のかわりに、ミルクと混ぜてもマイルドで美味しくなります。青汁一番生搾りは、味、栄養分ともに申し分ありません。2008年モンドセレクション金賞受賞商品です。 

青汁一番生搾りの原料である大麦若葉は、栄養豊富な大麦の、成長過渡期の状態をいいます。大麦の食物繊維は精白米の10倍以上もあるなど、栄養豊富な野菜です。大麦若葉は、その大麦の成長過渡期の状態なので、栄養素がこれでもかといくらい、たくさんつまっています。ビタミンやミネラル、酵素の宝庫です。ほうれん草と栄養価を比べてみると、カリウムは約18倍、カルシウムは約11倍含まれています。大麦若葉には、強力な抗酸化作用があるため、動脈硬化の予防などの健康効果、アンチエイジング効果が期待できます。